建築模型|製作の流れ

ホーム » 建築模型|製作の流れ

下記でご紹介する工程は、一般的な受注から納品までの流れです。
ご注文される内容によっては異なる場合がございます。
また、ご要望に対しては柔軟に対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

CADデータ入力の場合

ステップ1

受付

お電話、FAX、メール等でご連絡ください。折り返し、担当者よりご連絡を差し上げます。
お問い合わせフォームは上部にございます「お見積り・お問い合わせ」から送信できます。

ステップ2

仕様の確認

お見積りに必要な資料(模型仕様、制作スケール・制作範囲など)をご提出いただきます。

ステップ3

お見積り

模型仕様・ご予算・納期などご相談の上、見積書を作成いたします。

ステップ4

受注・打ち合せ

正式なご注文の場合、模型制作用図面(一般意匠図、平面図・立面図・断面図(矩計図)、パンフ図など)をもとに、お打ち合わせで設計・形状の詳細を決定いたします。
(お電話での打ち合わせも可能です)

ステップ5

CADデータ作成

お客様資料をもとに模型データの制作にかかります。

ステップ6

納品

レーザー加工用のCADデータ及び、模型制作用設計図をメール・またはメディアで納品いたします。
(設計変更などによる追加データがある場合は、その都度対応いたします)

データ納品後、1ヶ月以内にお支払いをお願いしております。

データ納品後、設計変更による追加データ作成は、別途お見積りをさせていただく場合がございます。

お見積り・お問い合わせはこちら

部品製作・加工サービスはこちら

模型製作の場合

ステップ1

受付

お電話、FAX、メール等でご連絡ください。折り返し、担当者よりご連絡を差し上げます。
お問い合わせフォームは上部にございます「お見積り・お問い合わせ」から送信できます。

ステップ2

受注・打ち合せ

模型製作図面(一般意匠図、平面図・立面図・断面図(矩計図)、パンフ図など)をもとに、お打ち合わせで設計・形状の詳細を決定いたします。
(お電話での打ち合わせも可能です)

ステップ3

お見積り

模型仕様・ご予算・納期などご相談の上、見積書を作成いたします。

ステップ4

部品設計・CADデータ作成

お客様資料をもとに部品設計・模型データの制作にかかります。

ステップ5

部品切削

制作データをレーザ加工機にかけて部材のレーザーカット加工(切削)を行い、設計図通りに塗装前まで組立てます。

ステップ6

中間検査

中間検査を行い、塗装前に最終的な色の決定と仕上げ具合を打ち合わせいたします。

ステップ7

仕上げ組立て(塗装作業)

中間検査で決定した内容をもとに、塗装を開始します。
塗装完了後、仕上がった部品を組付けて形にしていきます。

ステップ8

納品前検査

製作工程終了後、お客様立会いのもと模型を確認していただきます。

ステップ9

納品

日本全国ご指定の日時・場所へ完成した作品をお届けいたします。
大型模型の場合は、現地にて最終組上げ作業を行う場合がございます。

模型納品後、1ヶ月以内にお支払いをお願いしております。

模型納品後、設計変更による追加製作は、別途お見積りをさせていただく場合がございます。

お見積り・お問い合わせはこちら

部品製作・加工サービスはこちら

不動産広告に特化した高品質な建築CGパース【全国対応】

不動産物件に合わせた効果的なアングル・演出をご提案します。

不動産広告マンションパース

不動産広告(マンション/戸建住宅/オフィスビル/店舗等)プロモーションにおけるフォトリアルな建築パース・CGパース(完成予想図)を、業界最高レベルのCGクリエイターが制作いたします。また、お客様の用途に合わせたパース制作にも柔軟に対応いたします。

不動産広告 建築CGパース 詳細

弊社サイトはjimdoサービスを利用しています。

Jimdoで無料ホームページを作成する

ページの先頭へ戻る